トップ > レース > レースレポート > 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 富士スピードウェイ

Report レースリポート

2017 SUPER FORMULA RACE REPORT

第3戦 富士スピードウェイ第3戦 富士スピードウェイ

予選
会場:富士スピードウェイ
日付:2017年7月8日(土)
天候:晴
予選結果:
 #64 中嶋大祐:15番手
 #65 ナレイン・カーティケヤン:16番手
観客動員数 : 13,400人

セット変更に追われる結果に。決勝での追い上げを狙う

世界有数のロングストレートを持つ富士スピードウェイで迎えた第3戦。予選日は梅雨の晴れ間で快晴に恵まれ、蒸し暑い1日となった。

午前中に1時間のフリー走行が行なわれ、そこで確認作業を終えた2台はノックアウト方式の公式予選に臨む。開始時刻の14時半を迎えると一斉にコースイン。2台は揃って中古タイヤで確認後、一旦ピットに戻り、ニュータイヤに交換してコースに復帰する。64号車の大祐は計測2周目に1分24秒612をマークし15位、65号車のカーティケヤンは計測3周目に1分24秒781で16位となり、それぞれQ2に進出できずに予選を終えた。


総監督 中嶋 悟コメント総監督 中嶋 悟コメント

「出だしが肝心だと思っていたのですが、今日は何かと思うように進められず1日が終わってしまいました。明日、挽回できるように今夜はしっかり準備を進めたいと思います。」


#64 中嶋 大祐選手コメント#64 中嶋 大祐選手コメント

「昨日の走り出しから調子がいま一つで、予選までの間に様々なセット変更を繰り返したのですが、マシンの挙動を改善することはできませんでした。予選はミスもなく力を出し切ることはできたと思うのですが、残念ながらQ2進出には不十分でした。予選に関しては正直手詰まり感があってとても厳しいですが、決勝のペースは周りと比べても悪くないと思うので、明日は追い上げてポイントを獲得できるように精一杯頑張ります。」


#65 ナレイン・カーティケヤン選手コメント#65 ナレイン・カーティケヤン選手コメント

「We had a problem with the engine this morning, so we lost some time on the setup. TCS Nakajima Racing ended with position 15 & 16 in the qualifying race which is not where we want to be. We need to improve a lot and hope we can.」

「今朝のフリー走行ではエンジンに問題が発生し、セットアップに時間がかかりました。予選でTCS NAKAJIMA RACINGがポジション15と16でしたが、これは私たちが望んでいるポジションではありません。なるべく多くのことを改善する必要があります。」




決勝
日付:2017年7月9日(日)
天候:晴
決勝結果:
 #64 中嶋大祐:11位
 #65 ナレイン・カーティケヤン:14位
観客動員数 : 21,200人

朝から日差しが照りつける中、攻めの走りで接近戦を繰り広げる

前日に続き快晴の富士スピードウェイ。朝から日差しが照りつけ、気温も30度を超え、汗ばむ1日となった。

朝のフリー走行で、大祐は2番手、カーティケヤンは16番手と確認を終え、決勝レースに臨む。全車がクリーンにスタートを切ったが、直後からそれぞれの順位を争い、バトルが勃発。TCS NAKAJIMA RACINGも1周を終えると順位が入れ替わり、大祐16番手、カーティケヤン15番手となる。3周目に他車と接触したマシンがリタイアしたため、それぞれ順位を上げて大祐15番手、カーティケヤン14番手となる。7周目に入ると15番手争いで大祐がパスされ、ポジションを1つ落とすが懸命に前にしがみついていく。大祐は13周目にピットインを行ない、給油のみの作業でコースに復帰し、ここからチェッカーまでの長い道のりを粘り強く走行していくことに。

一方のカーティケヤンは序盤に接触があり、3つポジションを落とすが、ピットインをするマシンが現れ出したことで、順位を徐々に上げていく。30周を迎える頃には8番手を走行。一時は4番手を走りながら、最終的に19台のうち最後までピットインを引っ張り42周目にピット作業を行ない、フロントタイヤのみの交換と給油を行ない、大祐より後方でコースに復帰。全車がピットインを終えた時点で、順位は大祐11番手、カーティケヤン14番手となる。残り周回が10周を切っても、それぞれが攻めの走りで接近戦を繰り広げたが、TCS NAKAJIMA RACINGの2台はそのままの順位でチェッカーを受け、第3戦を終えた。


総監督 中嶋 悟コメント総監督 中嶋 悟コメント

「まだまだですね。思うことはいろいろありますが、次戦に向けてまた整えていかなければならないと思っています。暑い中、たくさんのご声援をありがとうございました。」


#64 中嶋 大祐選手コメント#64 中嶋 大祐選手コメント

「スタートは良かったのですが、1コーナーで行き場を失ってひとつポジションを下げてしまいました。その後はペースが上がらず、防戦一方の苦しい展開になりました。中盤を過ぎた頃から徐々にペースは良くなってきたのですが、上位に追いつくことはできず、終始消極的なレースとなってしまいました。結果的に周りの脱落に助けられて11位となりましたが、満足のいくような内容ではありませんでした。改善すべきところが多く厳しい状況ですが、なんとか浮上のきっかけをつかめるように、チームと協力して次戦までに準備を進めたいと考えています。ご声援ありがとうございました。」


#65 ナレイン・カーティケヤン選手コメント#65 ナレイン・カーティケヤン選手コメント

「I finished 14th at today’s race. In the beginning the car was difficult to drive but then it started getting better. My car’s tyre got hit so probably there is a big mark on the diffuser at the rear. Apart from that it was a lonely race to be honest.」

「決勝レースは14位となりました。最初はマシンを運転するのが難しかったですが、その後はより良くなってきました。リアタイヤがぶつけられて、おそらくリアのディフューザーに大きなマークがあります。それとは別に、正直に言えば孤独なレースでした。」

※次戦は8月19日、20日にツインリンクもてぎで行なわれます。




Privacy Policy
contact sitemap