トップ > レース > レースレポート > SUPER GT 第3戦/第8戦 MOTEGI SUPER GT RACE

Schedule レースカレンダー

2016 SUPER GT RACE REPORT

第3戦/第8戦 MOTEGI SUPER GT RACE第3戦/第8戦 MOTEGI SUPER GT RACE

第3戦
会場:ツインリンクもてぎ
日付:2016年11月12日(土)
天候:晴
予選結果:5番手
決勝結果:13位
観客動員数 : 23,500人

難しいコンディションの中、浮き沈みの激しい1日に

2レース制で行なわれる今シーズンの最終戦となるもてぎ大会。第3戦が行なわれる土曜日は前日の雨があがり、路面は濡れているものの、青空が広がる晴天に恵まれた。

今回の予選は通常と異なる15分間のタイムアタック予選で、ベルトラン・バゲットがアタックを担当しコースイン。バゲットはハーフウエットの難しいコンディションの中、ウエットタイヤでアタックを開始する。計測3周目に1分46秒442の暫定トップタイムを叩き出したが、路面コンディションの変化とともにタイヤ交換をするマシンが出始め、それぞれが猛アタックを繰り返す中、最終的に5番手で予選を終えた。

午後の決勝に向けては気温も少しずつ上昇し、レーススタート時には気温22℃、路面温度26℃というコンディションとなる。スタートドライバーのバゲットは5番グリッドから53周のスタートを切る。ポジションをキープしてオープニングラップを終えたが、すぐに1つポジションを落としてしまう。3周目にはクラッシュ車両が発生したためセーフティーカーが導入される。レースが再開されると、さらに順位を下げる苦しい展開で、10周目には8番手に。もがきながらも懸命の走行を続けるバゲットだったが、12周目の1コーナーで後続車両に並ばれて接触。これで15番手まで順位を下げてしまった。チームは予定より早めのピットインを敢行することになり、19周目にピットイン。ドライバーを中嶋大祐に交代し、タイヤ交換と給油を終え、コースへ復帰する。トラブルが発生したマシンがリタイアしたため、順位を上げて13番手での走行が続く大祐は、プッシュを続け、苦しい状況ながら必死で前を追いかけていくが、タイヤに違和感を訴え、再度ピットイン。タイヤ交換後、諦めることなくプッシュし続けるも、前を走るマシンをパスするには至らず、13位でチェッカーを受けた。


総監督 中嶋 悟コメント

「残念な結末となり、悔しいです。もう1回チャンスがあるので、気持ちを切り替えて、明日に向けて頑張ります」


中嶋 大祐選手コメント

「難しいレースになりました。諦めずにプッシュしましたがタイヤがコンディションに合わず、第2スティントの途中で再度タイヤを交換することになってしまいました。別の種類のタイヤを装着してからのペースは悪くなかったので、明日に向けた収穫になったと思います。明日はまた予選から始まるので、気持ちを切り替えて臨みたいと思います」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「Up and downs today. Our pace on a damp track was really good in qualify this morning but unfortunately the wrong tyres were fitted on the car for my second run and we ended up P5. I think pole position was possible otherwise. The race was really difficult for us. I was really struggling with the balance of the car once the tyres were hot and I got hit by another car. I think even without that our pace was not strong enough on dry to finish in the points so we have to work hard for tomorrow.」

「浮き沈みの激しい1日でした。路面が濡れているコンディションだった朝の予選では、ペースは悪くありませんでした。しかし、2度目のアタックで使ったタイヤがコンディションにマッチせず、5番手が精一杯でした。ポールポジションも狙えたと思うので残念です。決勝レースはとても難しい展開になりました。タイヤの温度が上がりすぎて、マシンバランスに苦しみましたし、他車との接触もありました。しかし、こういったアクシデントがなかったとしてもポイントを獲得できるだけのペースはなかったと思うので、明日に向けてしっかりと準備を整えていきます」




第8戦
日付:2016年11月13日(日)
天候:晴
予選結果:15番手
決勝結果:14位
観客動員数 : 36,000人

多くのモータースポーツファンが賑わいを見せた、今シーズン最後のレース

いよいよ最終戦を迎えたスーパーGT。絶好のレース日和となったこともあり、多くのモータースポーツファンがサーキットに詰めかけ、予選は9時からと早い時間帯にスタートしたにもかかわらず、賑わいを見せた。第8戦の予選担当ドライバーは中嶋大祐。15分間で争われる予選で、大祐はセッション開始から4分が経過したころにコースインし、タイヤをウォームアップしていく。ところが、計測3周目にブレーキロックがあり、コースオフしてしまう。大祐は仕切り直して、再びアタックを開始。徐々にタイムアップし、何とか上位に名を連ねようと懸命のアタックを試みたが、1分39秒424のタイムで15番手となった。

前日と同様、午後の決勝に向けて気温は上昇し、秋晴れの陽気となった。第8戦の決勝レースは白バイとパトカーが先導するパレードラップと1周のフォーメーションラップを終えてスタート。いよいよ今シーズン最後のレースが幕を開ける。

Epson Nakajima Racingのスタートドライバーはベルトラン・バゲット。バゲットは前を追いかけながらプッシュするが、オーバーテイクを仕掛けるには難しい状況が続く。19周目、ポジションを維持してピットストップを行ない、大祐にドライバー交代する。ステアリングを引き継いだ大祐は長いスティントを担当することになったが、うまくタイヤをマネージメントし安定したラップを刻んでいく。レース残り10周を切って、前を走るマシンにアクシデントが発生してピットに戻ったため、1つポジションをあげ、14位でチェッカーを受けた。



総監督 中嶋 悟コメント

「今年、最後のレースでしたが、思うような結果となりませんでした。悔しい1年となりましたが、もう来シーズンへの準備がスタートしています。挽回していけるよう、全力で取り組んでいきますので、引き続きよろしくお願いします。1年間、多大なご声援をありがとうございました」


中嶋 大祐選手コメント

「昨日に続き、難しいレースになりました。諦めずにプッシュをしましたが、速さが足りずポジションを上げることができませんでした。このような形でシーズンを終えることとなり残念ですが、一生懸命準備をしてくれたチームとダンロップさん、Hondaさんには感謝をしています。一年間ご声援ありがとうございました」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「Tough day for us. We clearly didn't have the speed to compete with the others on a dry track. We really need to analyse what is going wrong in order to correct that for next year. Anyway thank you very much for the support this season!!」

「厳しい戦いを強いられた1日でした。今日はドライコンディションで、ライバルと戦うだけの速さがありませんでした。来シーズンに向けて、どこを改善していくべきなのか、じっくりデータを解析していかなければいけません。今年、私たちをサポートしてくれた方々には心から感謝しています」

※たくさんのご声援をありがとうございました。



Privacy Policy
contact sitemap