トップ > レース > レースレポート > SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250km RACE

Schedule レースカレンダー

2015 SUPER GT RACE REPORT

第8戦 MOTEGI GT 250km RACE第8戦 MOTEGI GT 250km RACE

予選
会場:ツインリンクもてぎ
日付:2015年11月14日(土)
天候:雨
予選結果:2番手
観客動員数 : 17,000人

最終戦、今シーズンベストグリッドの2番手を獲得!

今シーズン最後のビッグレースとなるSUPER GT 第8戦。Epson Nakajima Racingは前戦オートポリス大会では、なんとかポイント獲得となったものの、目標としている表彰台にはまだ手が届いていない。この最終戦は全車ノーウエイトのイコールコンディションでのレースとなるが、ここ数戦の予選での速さやHondaが得意とするコースであることから、大きな期待がかかる。

雨の予報が出されていたツインリンクもてぎは見事予報が的中し、朝から雨が降り続くレインコンディションとなった予選日。朝のフリー走行は、雨の強弱はあったもののウエットタイヤでの確認走行を行ない、トップタイムをマークしたEpson NSX CONCEPT-GT。

予選が始まる頃になっても雨は降り続く中、最終戦の予選がスタートする。500クラスのQ1開始と同時にベルトラン・バゲットはコースイン。じっくりとタイヤを温めて、アタックを始める。まず、1分48秒256をマークし、タイヤを冷やしながら再アタックを試み、1分47秒740のトップタイムでQ2への進出を決めた。

続くQ2では、中嶋大祐がステアリングを握り、コースイン。マシンの好調さは確認できていたものの、慎重なドライブでタイヤを温めていく。雨量がますます多くなっていく厳しいコンディションの中、マシンを巧みにコントロールし、アタックを続けていく。徐々にタイムアップさせながらアタックを続け、最終的に1分49秒863の2番手タイムをマークし、今シーズン初フロントローを獲得した。ポールタイムと僅か0.1秒差の2番手タイムとあり、明日の決勝レースにも期待が膨らむ。


総監督 中嶋 悟コメント

「厳しいコンディションの中、2人ともよく耐えたと思います。明日は今シーズンの集大成をお見せできるレースにしたいですね。」


中嶋 大祐選手コメント

「今日はとにかくポールポジションだけを狙っていたので、非常に悔しいです。Q2の直前に雨が強くなり、それが僕たちには不利に働いてしまいました。ベストを尽くした結果ではありますが、残念です。明日はこの悔しさを晴らすことができるように、良いレースをしたいと思っています。」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「Very positive day. We were quick all the time. The car feels really good and gives you a lot of confidence. Dunlop did really an amazing job on those rain tyres and the car works perfectly with them. I did the best time in Q1 but unfortunately it started to rain a lot more for Q2 and we missed pole position for just a little bit. Anyway we start tomorrow's race in a good place and I really hope rain will still be there.」

「いい1日になりました。今日はすべてのセッションで速く走ることができました。特に、ダンロップのレインタイヤは本当に素晴らしい仕事をしてくれたし、Q1ではトップタイムをマークできました。残念ながら、Q2では雨が強くなり、ほんの少しの差でポールポジションを逃すことになってしまいましたが、いいポジションからのスタートになるし、決勝レースもウェットコンディションとなってくれればいいと思っています。」




決勝
日付:2015年11月15日(日)
天候:晴
決勝結果:13位
観客動員数 : 33,000人

セーフティーカー導入により、厳しい展開に。

今シーズンベストグリッドの2番手を獲得した最終戦の予選。朝のフリー走行でレースに向けた確認走行を進め、9番手タイムをマークして終えた。今年最後のレースとなるため、1年のまとめとなるようなレースをして、オフシーズンを迎えたい。

通常より早めの時間帯となる12時20分にスタート進行が始まったが、しばらくすると雨が落ちてくる。そして、その雨はスタートが切られる頃には止み、今度は晴れ間が出てくるという難しいコンディションのレーススタートとなった。ウエットタイヤを装着し、スタートを切ったベルトラン・バゲットはポジションをキープしながら周回を重ねていく。ペースは大きく上がらないものの、うまく後方を抑えながらプッシュを続ける。順調にレースを進めていた矢先、27周目に他のマシンのアクシデントでセーフティーカーが導入されることに。ピットインのタイミングを控えていたバゲットだったが、コース上に留まり走行していく。31周目にピットレーンがオープンとなったため、ピットインをしてタイヤ交換とドライバー交代を行なう。代わった大祐は、セーフティーカーの隊列に続いて走行、翌周にはセーフティーカーがピットに入り、レースが再開となる。Epson NSX CONCEPT-GTはこの時点で一気に8番手までポジションダウン、セーフティーカーが導入されたことにより1分以上も築き上げたギャップがなくなってしまい、大きく展開が狂うことに。スリックタイヤを装着した大祐は、再び上位に浮上するためにも早速プッシュをしていくが、直後の3コーナーでコースオフ。ラップダウンとなってしまうが、走行を継続し、最後まで諦めることなくチェッカーを目指し走り切り、最終的に13位となった。


総監督 中嶋 悟コメント

「不運なことにセーフティーカーのタイミングで脱落してしまいました。今年得たことを来年に活かしていけるよう、すべての見直しをしながら、来年に備えていきたいと思います。今シーズンの多くのご声援をありがとうございました。来シーズンもよろしくお願い致します。」


中嶋 大祐選手コメント

「第1スティントを担当したバゲット選手は頑張って2位をキープしてくれましたが、運悪く僕たちがピットに入る直前にセーフティーカーが入ってしまったことにより、大幅にタイムをロスしました。レースに復帰した時は8位でしたが、その後300クラスの車両を抜かそうとした際にイン側の濡れた部分を踏んでしまい、コースアウトして周回遅れとなってしまいました。今週末は速さがあったと思うので結果を残すことができず残念に思います。」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「The race started really well. We choose to go for hard tires as we knew the track was going to dry up. I was struggling at the beginning with rear grip but was still able to follow car 37 pace. When the track started to get dryer I was going quicker and quicker so we decided to delay our pitstop as much as possible. Unfortunately the safety car went out on the lap we decided to pit and our race for 1st place was over. Anyway we were quick all weekend long and we'll be back next year to fight for victory again.」

「スタートは良かったと思います。コースが乾いていくと考え、ハードタイヤで走り続けました。最初はリアタイヤのグリップという点で苦労しましたが、なんとか37号車についていくことができました。路面が乾いていけば、ペースが上げられることはわかっていたので、できるだけピットインを遅くする戦略を取りましたが、残念ながらセーフティーカーが導入されることになり、優勝を果たすことはできませんでした。来シーズンも優勝を目指して、頑張ります。」

※今シーズンのEpson Nakajima Racingへのご声援をありがとうございました。



Privacy Policy
contact sitemap