トップ > レース > レースレポート > SUPER GT 第5戦 Pokka Sapporo 1000km

Schedule レースカレンダー

2013 SUPER GT RACE REPORT

第5戦 Pokka Sapporo 1000km第5戦 Pokka Sapporo 1000km

予選
会場:鈴鹿サーキット
日付:2013年8月17日(土)
天候:晴れ
予選結果:14番手
観客動員数 : 26,500 人

タイヤに厳しい状況のレース、Q2進出ならず

前戦菅生大会でポイントを獲得し、後半戦の波に乗りたいEpson Nakajima Racing。
第5戦はシリーズ最長の1000kmでの戦いとなる。約6時間のこの長いレースはなにが起こるかわからない過酷な戦いとなることから、自分たちの力を出し切ってチームで力を合わせて暑くて長い1000kmを走破することを目標に臨む。

午前8時の時点で30℃を軽く越える灼熱の中、フリー走行が行われ道上龍が28周、中嶋大祐が17周と本番を想定した長めの周回をこなし、明日の長いレースのグリッドを決める予選が開始。
Q1を担当したのは大祐。朝の走行から厳しい予選になると思われたが、案の定、タイヤに厳しい状況下でのアタックとなった。一時は7番手タイムを叩き出すも、その後はタイムアップすることができず14番手タイムとなり、Q2に進出することはできなかった。


チームディレクター 立住 正幸コメント

「例年以上の酷暑で、厳しい予選となりました。明日は長いレースでピット作業の回数も多いので、チームがミスなく作業ができれば、終わる頃にはいいところを走れるはずなので、今からしっかり準備をして明日に備えたいと思います。」


道上 龍選手コメント

「明日は1000kmという長丁場なので、ミスなく周回やピット作業をこなしていければ、自ずと結果がついてくると思います。最後まで諦めずにプッシュし続けがんばりたいと思います。」


中嶋 大祐選手コメント

「Q2に進出することが目標でしたので、それを達成することが出来ず悔しいです。しかしこれが現時点での自分たちの実力であると思います。明日は長いレースですが、今後の糧となるような内容にしたいと思っています。前戦と同じくポイントを獲得できるように精一杯頑張りますので、ご声援宜しくお願いします。」




決勝
会場:鈴鹿サーキット
日付:2013年8月18日(日)
天候:晴れ
決勝結果:13位
観客動員数 : 36,000 人

暑く長い鈴鹿1000km、粘り強く周回を重ねる

じわじわと気温が上がり始めた午前8時30分、フリー走行が開始された。
昨日の悔しい予選結果を取り戻すべく、まずは道上そして大祐が決勝での順位を一つでも上げようと確認走行を繰り返した。

長い1000kmレースのスタートドライバーを担当したのは道上龍。気温34℃、路面温度53℃の酷暑の中、追い上げたい一心で前に迫る走りを見せる。20周目に1回目のピットインを行い大祐にドライバーチェンジ。その大祐も安定した走りを見せ、前のマシンを追いかける。順調に走行を続け、53周目に再び道上にチェンジする。
66周目に他のマシンのアクシデントによりセーフティーカーが導入される。73周目にリスタートが切られた時点で12番手。道上は残り100周を切って、暑さもピークを迎え過酷な状況が続くが、集中力を切らすことなく懸命の走りを続ける。
88周目に3回目のピットストップを行ない、再び大祐に交代。14番手となったが、こちらも力走を見せ長い長い1000kmのレースを折り返す。110周を迎える頃、他のマシンのトラブルもあり12位を走行。少しずつではあるが、着々と順位を上げ、粘り強く周回を重ねていく。118周目に11位で4回目のピットイン。道上がステアリングを握ってコースイン。最後のピットインに向け猛追する。142周目に最後となる5回目のピットインで大祐がチェッカーフラッグまでのバトンを受け取り、順位アップを狙うが13位でチェッカーを受けた。


道上 龍選手コメント

「チームの作戦で6スティントのレースとなりました。朝のフリー走行ではマシンバランスもいい感触を得ていたのですが、決勝では気温が思った以上に上がったこともあり厳しいレース展開となりました。しかし、ドライバーもチームもミスすることなく最後まで走り切ることができました。今回、長丁場レースを走り切ったということで、次に向けての課題も見えてきたので、富士はもっと上位を狙えるように頑張りたいと思います。」


中嶋 大祐選手コメント

「精一杯プッシュしましたが、悔しい結果に終わってしまいました。しかしながら、長いレースを走り切ったことで得た収穫も多かったと思います。次回の富士ではもっと上位で戦うことが出来るように、チームやダンロップさんと協力して準備を進めていきます。」


総監督 中嶋 悟コメント

「毎年恒例の暑く長い鈴鹿1000kmレースでしたが、今年は例年以上の猛暑だったように感じます。ドライバーもチームも各々の仕事をしたと思いますが、順位は13位となりました。中盤戦を折り返し、残りレースも少なくなってきましたので、チームの粘り強い力をお見せしたいと思いこのレースに臨みました。完走を果たしたことで次に繋がるレースができたと思います。次戦に向けてもチームの力を結集し、頑張っていきたいと思います。 暑い中のレースでしたが、たくさんのご声援をいただき誠にありがとうございました。次戦もよろしくお願い致します。」

※次回のレースは9月7日・8日に富士スピードウェイにて開催されます。



Privacy Policy
contact sitemap