トップ > レース > レースレポート > 全日本選手権スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

Report レースリポート

2013 SUPER FORMULA RACE REPORT

第7戦 鈴鹿サーキット第7戦 鈴鹿サーキット

予選
会場:鈴鹿サーキット
日付:2013年11月9日(土)
天候:晴れ
予選結果:
 #31 中嶋大祐:Race1:2番手/Race2:6番手
 #32 小暮卓史:Race1:3番手/Race2:3番手
観客動員数 : 11,550人

第1レース、第2レース共に2台揃っての好ポジション!

秋の涼やかな晴天に恵まれたスーパーフォーミュラ予選日。
朝から始まったフリー走行では、今シーズン最後の予選に向け入念にセッティングの確認を繰り返し、小暮2番手、大祐7番手タイムで走行を終えた。
最終戦は2レース制で、通常のノックアウト方式予選の順位決定とは若干異なり、Q1で全19台が出走、その結果で第1レースのグリッド順が決まり、Q3までの総合結果で第2レースのグリッドが決定するため、Q1から熾烈な順位争いが予想される。
そして14時から第1レースのグリッド順が決まる予選Q1が始まった。開始早々、各車次々とコースイン。#31大祐、#32小暮もアタックに入る。その後2台は一時ピットに戻り、残り5分というところで再びコースイン。熾烈なトップタイム争いの中、大祐は今シーズン最高のポジション2番手、小暮は3番手と第1レースのグリッドをもぎ取り、揃ってQ2に進出。Q2でも大祐、小暮共に果敢なアタックを見せ、大祐は4番手、小暮はトップタイムをマークし、いよいよ第2レースのグリッドが決まるQ3へ。Q3開始後、タイム争いを続ける中、他車のクラッシュにより赤旗中断。車両回収後、15時02分から3分間の予選が再開され、大祐はアタックするもポジションアップならず6番手、小暮は条件的にタイムアップの見込みがないと判断し、そのまま3番手で予選を終える。

明日午前の第1レースは、大祐がフロントロー、小暮は3番手グリッドからのスタート、午後の第2レースは、小暮3番手、大祐6番手からのスタートとなる。決勝の天候が気になるところだが、第1レース、第2レース共に2台揃っての好ポジションから有終の美を飾るべく、決勝に挑む。


チームディレクター 立住 正幸コメントチームディレクター 立住 正幸コメント

「どちらの車も、これまでとは違った雰囲気で予選に挑み、結果も良かったので、明日の決勝も大いに期待が持てると思います。明日の天気が心配ですが、自分たちのできることをすべて出し切って1年を締めくくりたいと思います。」


#31 中嶋 大祐選手コメント#31 中嶋 大祐選手コメント

「悪くない予選でしたが、トップの山本選手との差が大きく悔しいです。Q1では自分たちの力を出し切れたと思いますが、Q3では赤旗の影響もあり思うようなタイムを出せませんでした。明日も精一杯頑張りますので、ご声援を宜しくお願い致します。」


#32 小暮 卓史選手コメント#32 小暮 卓史選手コメント

「マシンの状況はよかったのですが、新たな試みのセッティングが一つの不安要素ではありました。予選を通じて、Q2ではトップに立てましたがQ1、Q3は3番手と不本意な順位となり悔しかったです。マシンのポテンシャルは高いのですが、今回チョイスした仕様は初の試みであり、今日の予選では最高の結果を得ることができませんでしたが、必ず先に繋がるものであったと信じています。
明日は優勝の可能性は十分あると思うので、自身の力を引き出してシーズンの締めくくりにふさわしいレースにしようと思います。」




決勝
会場:鈴鹿サーキット
日付:2013年11月10日(日)
天候:雨
決勝結果:
#31 中嶋大祐:Race1:2位/Race2:11位
#32 小暮卓史:Race1:リタイア/Race2:2位
観客動員数 : 11,000人


大祐はデビュー以来初の表彰台2位、小暮も今シーズン最高位となる2位に!

最終戦決勝日は朝からあいにくの雨。昨日までのドライセッティングと一変、雨のレースが予想される。また今大会は2レースで、それぞれ20周回、28周回と少ない周回数であること、また昨日の予選で2台ともに好ポジションからのスタートとなるため、より綿密な作戦とセッティングが必要となる。
そんな中、第1レースのウォームアップ走行では、小暮2番手、大祐7番手タイムで、第1レースに向け最後の確認を終える。
そして若干雨が強まる中、10時20分第1レースがスタート。スタート直後、小暮の後続では1コーナーで多重クラッシュがあり波乱のスタートとなったが、大祐、小暮の上位陣は上手くスタートを決める。そして2周目にトップの車両がコースアウト。その隙に小暮がトップに躍り出る。しかしその直後、小暮の32号車に燃料系のトラブルが発生、ピットに戻る。一方、大祐はスタートから安定した走りを見せ、デビュー以来初の表彰台2位を獲得し、第2レースへの弾みをつけた。

午後になり一時晴れ間も見えたが、徐々に雲行きが怪しくなる中、雨は降りだすのか、このまま降らずに終われるのかタイヤ選択も悩ましくギリギリまで選択を伸ばすチームもある中、NAKAJIMA RACINGの2台はレインタイヤで14時30分第2レースをスタートする。小暮は最高のスタートを切りポジションアップを成功させ1周目を終えた時点で2番手に、大祐はポジションを落とし9位。スタート前の思惑とは裏腹に、路面ライン上はドライ。大祐は2周目にタイヤ交換のためピットイン、小暮も続いて3周目にタイヤ交換。他車もタイヤ交換に入るなど順位が入れ替わりながら、レースも終盤に差し掛かる頃に雨が降り始め、コースアウト車両が続出。残り2周のところで2位の車両がコースアウトしクラッシュ。ここで小暮は再び2位に浮上し、そのままチェッカーフラッグを受け、今シーズン最高位となる2位表彰台でシーズンを締めくくった。
大祐は、タイヤ交換後も懸命の走りを続けるもポジションを上げることは出来ず11位で今シーズンを終えた。


#31 中嶋 大祐選手コメント#31 中嶋 大祐選手コメント

「まずは表彰台という目標を達成することが出来て良かったです。ですが、山本選手との差が大きかったため、悔しいというのが正直なところです。第2レースはスタート時に装着していたウェットタイヤがグリップせず、序盤に大きくポジションを落としてしまいました。ドライタイヤに交換してから、調子は戻ったのですが、前を走る選手のペースに付き合わされてしまう形となり、マシン本来の力をラップタイムに反映できませんでした。
今シーズンは自分たちの力をリザルトに反映できないレースが多く、悔しい思いをしましたが、シーズンを通して着実に進歩できたと思います。これでようやく勝利を目指す準備は整ったと思いますので、今後ともご声援を宜しくお願い致します。」


#32 小暮 卓史選手コメント#32 小暮 卓史選手コメント

「今回はクルマの状態がよく、戦闘力もしっかり備わっていたのですが、第1レースにおいては残念ながらマシントラブルでトップに立ったにもかかわらず結果が残らず悔しい思いをしました。第2レースにおいてはスタートから大きなトラブルもなく無事に走り切ることができました。今シーズンは勝てるレースをなかなかものにすることができなくて、残念で勿体ない結果となりましたが、チームは常にベストを尽くし、いつも最高の働きをしてくれたのでとても感謝しています。
今シーズンもたくさんのご声援をありがとうございました。」


総監督 中嶋 悟コメント総監督 中嶋 悟コメント

「今年最後の選手権レースを2台とも表彰台で締めくくることができて、少しホッとしています。なかなか思うようにいかないことが多く、自分たちのレースをすることが難しい1年だったと感じますが、これを弾みに来シーズンに繋げていけるようオフシーズンも切磋琢磨してみんなで力を合わせていきたいと思います。
今シーズンも多大なるご声援をいただき、本当にありがとうございました。残りJAFグランプリのみとなりますが、引き続きよろしくお願い致します。」

※JAFグランプリ富士スプリントカップは11月23、24日に富士スピードウェイにて開催されます。




Privacy Policy
contact sitemap