トップ > レース > レースレポート > 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 岡山国際サーキット

Report レースリポート

2016 SUPER FORMULA RACE REPORT

第5戦 岡山国際サーキット第5戦 岡山国際サーキット

Race1 予選/決勝
会場:岡山国際サーキット
日付:2016年9月10日(土)
天候:晴
予選結果:
 #64 中嶋大祐:9番手
 #65 ベルトラン・バゲット:15番手
決勝結果:
 #64 中嶋大祐:6番手
 #65 ベルトラン・バゲット:14番手
観客動員数 : 4,000人

トラブルがありながらも2台ともチェッカーを受け、大祐はポイントも獲得!

オートポリス大会の中止決定を受け、開催となった第5戦岡山大会。この大会は土曜、日曜それぞれ予選と決勝が行なわれる2レース制で開催される。

秋晴れに恵まれたレース1の土曜日。まずは1時間のフリー走行で2台はそれぞれの確認作業を終えると、予選開始時刻の11時を迎えた。セッション開始とともに2台はコースイン、大祐はマシンの状況を確認して、すぐにピットに戻り、マシンの微調整とタイヤ交換をしていたところ、コースアウトした車両があり、赤旗が提示される。このタイミングでバゲットもピットに戻り、再開を待つ。残り時間が約13分というところで予選が再開され、2台のマシンにニュータイヤを投入し、アタックをする。

最終的に大祐は2セット目のニュータイヤを投入し、1分14秒548で9番手、バゲットも同じくニュータイヤを2セット投入し、1分14秒771で15番手となった。従来のノックアウト方式とは異なる、20分間の時間制で行なわれたレース1の予選は、コースアウトした1台を除いた18台が1秒以内にひしめく僅差の戦いとなった。

15時30分からスタート予定だったレース1だったが、ポールポジションの車両がグリッド位置を間違えたため、スタートが遅れることに。再度、各車がスターティンググリッドについて、スタート5分前からやり直しを行ない、ポールの車両は最後尾グリッドにつくという裁定が下された。

周回数は2周減算され、約25分遅れでやっとスタートが切られた。9番グリッドからスタートした大祐は一気に5番手に浮上、15番グリッドからスタートしたバゲットも14番手とポジションアップに成功し、チェッカーを目指して、周回を重ねていく。大祐は4周目に後ろのマシンにパスされ順位を下げるも、冷静に周回を続けてマシンをチェッカーまでマシンを運び6位フィニッシュ、1.5ポイントを獲得した。バゲットも常にプッシュの全開レースとなったが、スタートで上げたポジションを守り、14位でチェッカーを受けた。


総監督 中嶋 悟コメント総監督 中嶋 悟コメント

「トラブルがありながらも、2台ともなんとかチェッカーを受け、大祐はポイントも獲得できたので、一旦気を引き締めて、明日はもっといいポジションを狙ってがんばります」


#64 中嶋 大祐選手コメント#64 中嶋 大祐選手コメント

「フリー走行ではあまり調子が良くなかったのですが、チームの努力もあって予選までに少し立て直すことができました。
レースは9番手グリッド(ペナルティを受けた車両があり実質8番手)からでしたが、スタートが上手くいって1コーナーまでに3台を抜くことができました。そこまでは良かったのですが、塚越選手からのアタックを上手く防ぐことができませんでした。レース中盤から終盤のペースは負けていなかったので、非常に悔しいです」


#65 ベルトラン・バゲット選手コメント#65 ベルトラン・バゲット選手コメント

「Not much to say about today. A miscommunication between JRP's official and our team made us put the new tyres way too early in qualify and that costed us a place in the top8. Starting from the back here in Okayama makes things impossible as it is really difficult to overtake. We'll try to do better tomorrow.」

「今日のレースについてはあまり話すことがありません。JRPのオフィシャルとチームの間で予選の残り時間に関するミスコミュニケーションがあり、あまりにも早いタイミングでニュータイヤを入れてしまいました。オーバーテイクの難しい岡山で後方のグリッドに沈んでしまうと、なす術がありません。明日はもっと良い一日に出来るように頑張ります」



Race2 予選/決勝
日付:2016年9月11日(日)
天候:晴
予選結果:
 #64 中嶋大祐:14位
 #65 ベルトラン・バゲット:9位
決勝結果:
 #64 中嶋大祐:12位
 #65 ベルトラン・バゲット:18位
観客動員数 : 6,000人

バゲットがQ1で4番手タイムを叩き出すも、好機を活かせず。

レース2が行なわれた日曜日も爽やかな秋晴れが続いた。レース2の予選はQ2までのノックアウト方式で行なわれ、Q2に進出できる台数は通常とは異なる10台となる。

9時50分から20分間で行なわれたQ1。開始すぐに全19台は続々とコースインをする。大祐とバゲットもマシンの確認を行ない、一旦ピットに戻る。残り時間が7分を切ったところで、ニュータイヤを装着してコースイン、それぞれアタックを開始する。大祐は1分15秒463で14番手タイムとなり、ノックアウトとなったが、バゲットは1分15秒086と4番手タイムを叩き出し、Q2へ進出を決めた。

続く10分間で争われるQ2。バゲットは早速コースインをしてアタックを始めたが、残り時間が約5分を切った頃、コースアウトしたマシンがあり赤旗が提示される。ピットに戻り、アタックのための準備を整え、残り4分半の最後のアタック合戦が繰り広げられる。バゲットはアタックを試みたが、Q1の自分のタイムを更新することは叶わず9番手でQ2を終えた。

午後に向けて気温は上昇、レースが始まる頃には30℃と厳しい暑さの中、51周のレースがスタート。

9番グリッドからスタートしたバゲットはエンジンストールをしてしまい、最後尾まで後退してしまう。一方、14番グリッドからスタートした大祐は2周目にピットインを行ない、タイヤ交換のみの作業で17番手でコースに復帰する。上位を走るマシンと遜色ないタイムで周回を続ける大祐は、着々と安定したペースで走り、13周目には15番手に。その後もピットインをして大祐よりも後方にコースに戻るマシンが続き20周目には13番手を走行する。30周目にコース上でスピンしたマシンがあり、セーフティーカーが導入され、このタイミングでバゲットはピットインを行ない、タイヤ交換を済ませてコースに復帰。スピンをしたマシンが後退したため12番手に浮上した大祐は、34周目にリスタートを切った直後の1コーナーで後ろのマシンにパスされたが、セーフティーカー中の規則違反で1台にドライブスルーのペナルティが課されたことにより、大祐は再び12番手に戻る。その後は前を追い詰めていくも、オーバーテイクが難しいサーキットともあり、なかなか前に出ることは叶わず大祐は12位でチェッカーを受けた。一方のバゲットはスタート時のエンジンストールが尾を引き18位フィニッシュとなった。


#64 中嶋 大祐選手コメント#64 中嶋 大祐選手コメント

「今日は難しい一日になりました。まず予選ではウォームアップラップで思うようにペースを上げられず、タイヤを上手く温められなかったことで下位に沈んでしまいました。
決勝についても、スタート自体は良かったのですが、前の車両につかえてしまって思うようにポジションを上げられず、さらにバゲット選手がストールしてしまった影響で予定していたタイミングでピットストップを出来なかったなど、不運がありました。
次の菅生ではコースの特性がガラッと変わりますが、高速コースは得意ですので、自分たちのマシンの良さを引き出せるように精一杯頑張りたいと思っています。ご声援を宜しくお願いします」


#65 ベルトラン・バゲット選手コメント#65 ベルトラン・バゲット選手コメント

「We were quick in qualify with a P4 in Q1. Unfortunately I got stuck behind one car in Q2 that went out in the gravel just in front of me so we only ended up P9. Then in the race everything went wrong from the start. The engine stall for a reason we still don't know. Pace was really good in the race but I was one lap down so nothing I could do.」

「Q1では4番手となる速さを出すことができたのですが、残念ながら、Q2ではコースアウトしたこともあり、9位になりました。ペースは決して悪くはなかったのですが、エンジンストールが尾を引いてしまい、残念ながら1周遅れでレースを終えました」


総監督 中嶋 悟コメント総監督 中嶋 悟コメント

「2日間とも天候に恵まれ、様々なバトルが生まれた2レースでした。あと1歩のところで足踏みをしている状況ですが、残り2大会を精一杯頑張るのみです。たくさんのご声援に感謝します」

※次戦は9月24日・25日にスポーツランドSUGOで行なわれます。




Privacy Policy
contact sitemap