トップ > レース > レースレポート > SUPER GT 第2戦 FUJI GT 500km RACE

Schedule レースカレンダー

2014 SUPER GT RACE REPORT

第2戦 FUJI GT 500km RACE第2戦 FUJI GT 500km RACE

予選
会場:富士スピードウェイ
日付:2014年5月3日(土)
天候:晴れ
予選結果:14番手
観客動員数 : 32,200人

思うようにタイムがのびず、14番手に

約1ヶ月のインターバルをおいて迎えた第2戦。Epson Nakajima Racingは開幕戦をアクシデントによる最下位で終えてしまっただけに、通常より長い500kmのレースを根気よく走り切って中盤戦に向けた流れを変えたいところ。開幕戦で安定感と速さを見せたベルトラン・バゲットの走りにも期待したい。

朝から雲ひとつない青空の中、朝のフリー走行が開始された。予選と長い500kmレースに向けた確認を繰り返し行ないながら、12番手タイムで午後の予選に備える。予定より遅れて開始されたQ1。アタックを担当したのはベルドラン・バゲット。バゲットは、タイヤを慎重に温めてアタックを開始するが、思うようにタイムが伸びず14番手でQ2へ進出することができず、予選を終えた。


チームディレクター 立住 正幸コメント

「100%というわけにはいきませんでしたが、今できることを精一杯やった結果が14番手ということになりました。明日は500kmのいつもより長いレースになり、ピット作業の回数も多くなりますが、スタッフ一人一人がミスなく自分の仕事をしっかりすれば上位でゴールできると思っています。」


中嶋 大祐選手コメント

「今回はバゲットがQ1を担当しましたが、残念ながらQ2へ進出することは出来ず、自分の出番は回って来ませんでした。結果は残念ですが、今回の予選は結果以上に価値のある内容のものだったと思います。開幕戦以降、ダンロップさんと協力して進めている作業は実を結びつつありますので、明日も諦めずに精一杯上位を目指します。」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「I’m happy with the progress that the whole team did. We are more competitive than Okayama and the car behaves very good with the new evolution of our Dunlop tires. I did a mistake in what should be my best lap by pressing the pit limiter otherwise we could be a lot closer to the front. We’ll keep working and hope for a good race tomorrow.」

「今回のレースの為にチーム全体が成し遂げた進歩を嬉しく思っています。ダンロップタイヤの新たな進化も手伝って、クルマは岡山ラウンドから更に良い動きを見せています。予選ではベストラップを出すべき周に自分のミスでピットレーンリミッターを押してしまいました。でも先を行くライバルにはかなり近づけていた実感があります。努力を続けて明日、良いレースができることを期待しています。」




決勝
会場:富士スピードウェイ
日付:2014年5月4日(日)
天候:晴れ
決勝結果:リタイア
観客動員数 : 57,200人

順調にスタートしたものの、悔しい結果に

昨日に続き快晴の富士スピードウェイにはゴールデンウィークということもあり、この週末で89,400人ものGTファンが詰めかけた。8時半からのフリー走行を13番手で終え、決勝レースに向けて、着々と準備を進める。

今回の500kmレースのEpson NSX CONCEPT-GTのスタートドライバーはベルトラン・バゲット。14時にレースのスタートが切られ、順調に周回を重ねていったが、4周目に300クラスのマシンが1コーナーでクラッシュしたため、セーフティカーが導入された。車両回収とコース清掃が完了し、9周目にレースが再開されたが、コース上の落下物を踏んでスローパンクチャーを起こしたため、ピットインを余儀なくされることになってしまう。給油とタイヤ交換を終え再びコースに戻るも、マシンの不調を訴え再びピットイン。さらにタイヤを4本交換して走り出したもののマシンの調子は戻らず、ピットの中にマシンを戻しマシンチェックを行なうこととなった。

その頃コース上では、火災が発生したため、再びセーフティカーが導入される。21周目にレースが再開されると同時にEpson NSX CONCEPT-GTもコースに戻り、その後は順調にラップを重ねていき、55周目にドライバーチェンジとタイヤ交換を行なう。マシンに乗り込んだ大祐は落ち着いた走りを見せていたが、電装系のトラブルにより、何度もリスタートを試みるも、57周目にコース上にマシンを止め、レースを終えた。


中嶋 大祐選手コメント

「ベストを尽くしましたが、最後はトラブルにより車をストップしなければなりませんでした。残念ですが、今後のレースに目を向け、ますます向上していけるように頑張っていきたいと思います。連休ということもあり、多くのゲストの皆様にお越しいただいた中でこのようなレースとなり、申し訳ない気持ちで一杯ですが、必ずいいレースをお見せしたいと思っています。」


ベルトラン・バゲット選手コメント

「Well, it was not the race we expected. All went wrong quite quickly with a puncture right after the first safety car and then reliability problems which forced us to retire. We can only look forward, keep working and hope that everything will go better at the next one!」

「正直僕たちが望んでいたレースではなかったです。最初のセーフティーカーランの後のパンクから状況はどんどん悪い方へ進んで行き、僕たちをリタイアへと追い込む信頼性の問題が発生してしまった。次戦はすべてが改善されることを期待して、自分に与えられた仕事を続けるのみです。」


総監督 中嶋 悟コメント

「いろいろなことが起こる中で、何とか粘り強く走り切りたいとレースを進めていきましたが、このような結末になり非常に残念です。すぐにテストが待ち構えているので、早速、原因と解決策を追究していきたいと思います。とはいうものの、少しずつですが上位で戦える力が備わってきているので、次戦こそ、その力を発揮できるようなレースをしたいと思います。今大会も多くの皆様にご声援いただきありがとうございました。次戦もよろしくお願い致します。」

※次回のレースは5月31日・6月1日のオートポリスとなります。



Privacy Policy
contact sitemap